075-286-4207

京都を中心にオールマイティにサポート。あなたのお悩みを解決に導きます。

井上和久行政書士事務所

  1. お問い合わせ
  2. お問い合わせフォームからのご相談も随時お受けいたしております。
まずはお気軽にご相談ください!
075-251-7722
受付時間 9:00~18:00(平日)

民泊

簡易宿所営業許可申請について

簡易宿所営業許可申請 主な要件(京都)

①旅館業営業が可能な用途地域
・一種住居地域
・第二種住居地域 準住居地域
・近隣商業地域
・商業地域
・準工業地域

②学校照会
施設の周辺110メートル以内に,学校,児童福祉施設,公園等がある場合,許可申請に先立ち照会が必要(保健所へ事前申請)

③客室延べ床面積(構造部分の合計床面積)
寝室,浴室,便所,洗面所その他の宿泊客が通常立ち入る部分の床面積の合計
宿泊客10人未満 3.3×宿泊客の数
押入、納戸、踏込除く

④客室有効面積(≒寝室面積 定員1人あたりの有効面積)
・客室内であって,浴室,便所その他睡眠又は休憩の場所に適さない部分を除いた部分の床面積
⇒最低客室有効面積≧2.5㎡×定員
和室2.5㎡以上
・洋室3.0㎡以上
※寝台1台当たりの床面積は3.0㎡以上(階層式寝台の場合は4.5㎡以上)

⑤区画など
・出入口及び窓を除き,客室と他の客室及び客室以外の施設との境は,壁(和式にあっては,壁又は板戸,ふすまその他これらに類するもの(固定されたものに限る)で区画されたものであること
・出入口及び窓は,鍵を掛けることができるものであること
・簡易宿所営業の施設は,玄関,客室その他客の用途に供する施設を他の営業の用途に供する施設と明確に区画された構造とすること

⑥換気装置
・客室,玄関広間及び共用応接室 ※十分な換気が確保できる場合は,この限りでない

⑦採光面積
・各客室床面積の8分の1以上

⑧玄関帳場
・施設の規模に応じた広さを有すること(2㎡以上)
・客室を利用しようとする者が必ず通過し,かつ,その出入を容易に視認することができる場所であること
・受付台の上面から天井までの高さは,玄関帳場その他これに類する設備の設置場所における床面から天井までの高さの2分の1以上とすること
(※一定の要件を満たす建屋については帳場設置免除あり)

⑨浴室
・浴室は男女別に設け,かつ内部が浴室等の外部から見通すことができないもの(※業態により緩和あり)
・客室の利用ごとに清掃を行い,かつ,定期的に消毒を行うこと
・浴槽湯水は,客室の利用ごとに完全に入れ替えること
・浴用に供する湯水は,水道水その他の清浄な湯水とすること
※循環ろ過装置またはジャグジー(気泡発生装置)

⑩共同洗面所の給水栓
・5人⇒1個(5人に満たない端数は5人とする)
※合計定員が31人以上の場合,30人を超えて10人を増すごとに1を6に加算した数とする

⑪便所
・便所周辺を不浸透性材料(コンクリート,タイルその他の汚水が浸透しないもの)で設置

⑫床面積採寸方法
内法での算出となります

⑬関連法規による規制
・建築基準法⇒延床面積が100㎡を超える場合は用途変更が必要
・消防法⇒消防用設備等及び必要な防火改修についての事前届出,防火対象物使用届
※連棟長屋の場合は,隣家との境界面に防火壁の設置が必要となる
⇒施設完成後,許可申請に先立ち,法令適合通知交付申請(実地調査あり)

関係法令

旅館業法,旅館業施行令,旅館業法施行規則,旅館業における衛生管理要領,京都市旅館業建築等指導要綱,京都市旅館業法に基づく衛生に必要な措置及び構造設備等に関する条例,京都市旅館業法施行細則

資料ダウンロード(PDF)

京都市 旅館業手続き詳細
手続きフローチャート(京都市)
消防関係
京都市 安心安全要綱H28.12~